注文住宅ってどんなしくみ?

自分の要望を伝えて形にする

家は、既に完成している家を買うか一から作っていくかに分けられます。既に完成している場合は、内外部を観察して気に入れば購入することになります。注文住宅というのは、自分の要望を伝えてそれを形にしていく住宅です。建売より費用は大きくなりますが、自分の思い通りの家を建てることができるので満足度は高いです。
マイホームは人生で一番高い買い物でもあるので、妥協せず思い通りに建てたいものです。その気持ちを叶えてくれるのが注文住宅です。自分の考え方次第で色々な姿になり、例えば吹き抜けにしたり極力壁を少なくするなどです。子どもがいる場合は料理しながら面倒を見なければいけないので、死角となる壁は少ない方が良いです。

何でもかんでも叶う訳ではない

注文住宅は会社によって様々で、全て自分が一から注文できる場合と与えられた条件の中から選択するというタイプがあります。もちろん自由度が高いのは一から注文できるタイプですが、費用は大きくなります。
注意しなければいけないのは、一から注文できるとは言っても何でもかんでも叶う訳ではないということです。家を好きなように作るのは非常に楽しいですが、それと引き換えに安全性が失われてしまっては全く意味がありません。例えば耐震性が失われてしまうなどすれば、せっかくのマイホームも崩れ去ってしまいます。もちろん、プロの目によって危険な要望だと判断した場合は断られます。無理な要望はしないということを念頭に置きたいです。

SE工法とは、阪神淡路大震災で多くの住宅が倒壊した反省から開発された木造住宅の建築方法のひとつです。それまで鉄骨造で用いられていた構造計算を木造住宅にも取り入れ、耐震構造を強めた工法です。