デザインと機能性どっちを重視する?

憧れの住宅ならデザインを考慮

住宅を購入するとき、ただ住めればいいと考えるなら建売や分譲マンションも選択できます。注文住宅に比べて安いケースが多く、それなりに新しい設備がついています。しかし、それらの住宅はあまり変化がありません。お隣と同じような作りになっている場合もあります。
住宅は、一生に何度も建て替える、住み替えられるわけではありません。一度建てれば、その建物で一生過ごす人も多いでしょう。それなら、憧れに思っている住宅を建てた方が納得して住めます。憧れの住宅であれば、機能よりもデザインを重視してみましょう。外観であったり、内装などにこだわりを持ったデザインにしてもらいます。もちろん一定の機能を持たせながら、住みたくなる家を作っていきます。

家族のことを考えた機能

結婚をした当初は賃貸に住む人も多いです。将来住宅を買うために少しずつお金を貯め、マンションなどの見学に行く人もいます。賃貸の場合は一時的な住まいなので、あまり機能性を考慮しません。すると、住みづらさを感じます。これが、こんな機能があるといいなどの発見につなげられます。
自分一人で建てて住むならデザインを重視した注文住宅でも構いません。でも家族がいるなら、家族が住みやすい機能性も考えたいです。高齢者が一緒に住むなら、バリアフリーを取り入れた住宅にします。エコな生活をしたいのであれば、できるだけ電気を買わなくていい機能をつけます。水回りなどの機能を重視すれば、家事がしやすくなったり、お風呂やトイレで生活する時間が楽しくなります。

建築デザインを職業として働く方法は、大手デザイン会社への就職実績がある専門学校へ進むことが大切です。